名古屋の油そば専門店【歌志軒】麺を極めたスープのないラーメン

MENU

油そばとは?ABURASOBA

  • TOP
  • 油そばとは?

スープのないラーメン

汁なしラーメンともまぜそばとも違う、
麺の旨さをひたすら味わう、
究極のラーメンです。

油そば
メン・タレ・油・トッピング

POINT.01自家製麺

店主が選びぬいた”自家製麺”
吟味された原料と秘伝の製法で生まれた
こだわりの麺です。

油そばの為に店主が選びに選び抜いた小麦を数種ブレンドした自家製麺。スープに頼らず、麺の旨さを追求した小麦香る麺です。
季節によって変わる配合を調整しながら、最高の状態でお客様に召し上がって頂くため、毎日仕込みの段階から麺と勝負しております。
スープがない分、麺の味をごまかせない、油そば専門店 歌志軒のこだわりです。

POINT.02タレ

秘伝の特製”タレ”
麺の旨みを引き立て「美味しい油そば」
に仕立てる魔法のタレ

タレはコク、旨味、全てのバランスを絶妙に配合した、秘伝の特製タレ。油そば専門店 歌志軒の命とも言えるタレに、やみつきになる人続出!?

POINT.03

門外不出の調合”油”
アッサリとしてクドくなく、それでいて
まったりとしたコクを醸し出す調合油

門外不出の調合油。油といえど、アッサリとしてクドくなく、それでいてまったりとしたコクを醸し出す調合油に仕上げています。
油そばって油っぽいんじゃないの?そんな風に思われている方がいたら、ぜひ一度お試しいただきたい。
調合油がタレと絡み合った時の渾然一体は他にはない味わいです。

POINT.04トッピング

味が無限に変化する”トッピング”
お客様のアイデアからも
生まれることがある独自のトッピング

油そば専門店 歌志軒といえば、バリエーション豊かなトッピング。常に油そばに合うトッピングを探し求めております。
期間限定のトッピング、店舗限定のトッピングなど盛りだくさん!
旬の野菜、食材をお楽しみください。
本当の油そばはお客様がトッピングをして頂く事で完成されます!

「油そば」の召し上がり方食べる前に必ずご一読ください。

必ず最初にラー油をためらわずに入れること。

歌志軒のラー油はほとんど辛くありません。酢もすっぱくありません。
忘れずにかけてください。辛みを追加する場合は「一味唐辛子」がオススメです。

CHECK POINT
ラー油、酢は「並」で1周半「大盛り」で2周
「倍盛」2周半「でら盛」3周が基本の量です。

豪快に混ぜ、油とタレが全てなくなるまで混ぜる。

混ぜないで食べると、最後の方が油っぽく感じられます。ラー油、お酢の途中からの投入はその味が強く感じられますのでご注意ください。

冷めないうちに
一気に食べる!!

混ぜれば混ぜるほど冷めてしまいますが、よく混ぜながら食べてください。

気分によって
味を楽しむ。

卓上の調味料・トッピングで劇的に味が変化!
お客様の一番の味を見つけてください!

油そばへの思い

幼い頃から心のこもった料理で評判の高い割烹居酒屋「歌志」を営む母の後ろ姿を見て育ち繊細な味覚を身につける。
新しい世界や分野に挑戦することが好きという開拓者精神旺盛な青年となり、20歳の頃当時はまだ根付いていないパーソナルトレーナーの資格を取得する。
その後トレーナーの実績を活かし、お客様と共に過ごす接客スタイルで人気のリゾートホテルに入社。北海道から沖縄まで、全国にわたるホテル勤務の中、本当に人を喜ばせる究極の接客サービスを学ぶ。
転機は30歳。ホテルの立ち上げスタッフとなった千葉で、偶然「油そば」に出会う。「麺とタレと油だけでこんなに美味しいものがあるなんて!!」と衝撃を受けた。
その瞬間、加地の夢ははっきり見えた。”歌志軒の油そばを通じて、一人でも多くのお客様に感謝と感動を与え続けたい。”
その想いで飲食店業界への転向を決意。東京で先駆者的存在である油そば店での修行を経て、名古屋に戻る。とことんこだわり抜き、何百回とタレを作り直し、自分が納得のいく味を追い求めた。
そして、ついに2010年12月12日。
名古屋市昭和区福江に1号店を開店させた。

FC加盟店大募集!!
お近くの歌志軒を検索することができます!各店舗それぞれのオリジナルトッピングや限定メニューも要チェック!!

宝くじ当選発表まで残り