名古屋の油そば専門店【歌志軒】麺を極めたスープのないラーメン

MENU

歌志軒ブログSTORE BLOG

  • TOP
  • 歌志軒ブログ
  • 北海道でおすすめできる飲食フランチャイズ5選!フランチャイズの仕組みも併せて解説

北海道でおすすめできる飲食フランチャイズ5選!フランチャイズの仕組みも併せて解説

北海道、その広大な大地と厳しい冬、そして豊かな食文化は多くのビジネスチャンスを秘めています。特に飲食業界では、地元の食材を生かしたビジネスが盛んであり、フランチャイズとしても成功事例が多数存在します。しかし、フランチャイズビジネスを始めるにあたり、どのブランドを選ぶべきか、その仕組みやメリット・デメリットを理解することは非常に重要です。

本記事では、北海道で特におすすめの飲食フランチャイズを5つピックアップし、それぞれの特徴や魅力を紹介します。また、フランチャイズビジネスの基本的な仕組みや、ロイヤリティの支払い方法、さらにはフランチャイズビジネスを運営する上でのメリットとデメリットについても解説します。これからフランチャイズビジネスを始めようと考えている方はもちろん、すでにビジネスオーナーである方にも有益な情報を提供することを目指しています。

北海道でのフランチャイズ開業は、地域密着型のビジネス展開を行いたい方や、安定したブランド力の下で事業を拡大させたい方にとって、非常に魅力的な選択肢です。この記事を通じて、あなたのビジネスの可能性を広げる一助となれば幸いです。

北海道でおすすめできる飲食フランチャイズ5選

油そば専門店 歌志軒

歌志軒のフランチャイズ加盟には、多くの魅力があります。この専門店では、独自の油そばを提供し、豊富なトッピングと期間限定メニューでファンを獲得しています。フランチャイズ展開は2016年から開始され、低投資で高収益を実現するビジネスモデルが特徴です。操作がシンプルで、未経験者でも運営が可能です。さらに、女性顧客からの高い支持を得ており、カスタマイズの楽しさとヘルシーなメニューが魅力です。

元祖豚丼屋TONTON

TONTONのフランチャイズは、北海道帯広の本格的な豚丼を提供する専門店です。低投資で始められ、テイクアウトやデリバリーにも最適で、特にコロナ禍での需要増加に対応しています。簡単な調理プロセスで未経験者も運営可能であり、1人での運営が可能な点も魅力です。投資回収期間は最短6ヶ月と非常に効率的です。

バンクサンドイッチ

バンクサンドイッチのフランチャイズは、ホットサンド専門カフェとして日本初上陸し、メディアも注目するブランドです。顧客単価は約1,600円、テイクアウト比率は60%と高いパフォーマンスを実現しています。オーダーメイドにより原材料のロスを抑え、加盟店が利益を出しやすいビジネスモデルを提供しています。

焼きそばのまるしょう

焼きそばのまるしょうのフランチャイズは、自家製麺を使用した焼きそば専門店で、10種類以上の豊富なメニューを提供しています。テレビ番組での取り上げられるなど、高いメディア露出により注目度が高く、独自配合の麺によるもちもちの食感と豊かな風味が特徴です。テイクアウトにも対応しており、昼夜の2部制で幅広い顧客層に対応可能なビジネスモデルを提供します。

SABAR

SABARは、とろける食感の「とろさば料理」を提供する専門店です。予約が取れないほどの人気を誇り、加盟店募集中です。株式会社コズミックダイナーが運営し、全国300店以上の飲食店を手掛ける豊富なノウハウでサポート。時代にマッチした販売方法、例えばテイクアウトやデリバリー、ランチ需要の獲得を提案しています。特にとろさばを使ったさば寿司は人気で、ランチ売上も高い実績があります。低投資で高リピート率を誇り、16〜17ヶ月での投資回収も目指せます。開業サポートも充実しています​​。

壱角家

横浜家系ラーメン「壱角家」は、濃厚なスープが特徴の家系ラーメンを提供する人気チェーンです。ロイヤリティが0円で、フランチャイズ加盟後は高収益を目指せます。初期投資を抑えた開業オプションがあり、約1年での投資回収実績もあるため、早期に多店舗展開が可能です。また、ラーメンは景気に左右されにくく、コロナ禍でも安定した売上が見込めます。加盟研修と開業後のサポート体制も充実しており、開業時から集客が期待できる「壱角家」ブランドを利用できます​​。

フランチャイズとは何か?

フランチャイズとは、成功しているビジネスモデルを他の事業者が利用できるようにするビジネス形態です。具体的には、フランチャイズ提供者(フランチャイザー)が商標やビジネスモデル、運営ノウハウなどをフランチャイズ受け手(フランチャイジー)に提供し、フランチャイジーはこれらを利用して独自の店舗を運営します。このシステムにより、フランチャイジーは比較的少ないリスクで事業を開始することが可能になり、一方のフランチャイザーはブランドの拡大と収益の増加を目指すことができます。フランチャイズビジネスは、相互の信頼と協力関係に基づいたパートナーシップであると言えるでしょう。

ロイヤリティの支払い方法

フランチャイズ契約の中で重要な要素の一つがロイヤリティの支払い方法です。ロイヤリティとは、フランチャイザーが提供するブランド、ノウハウ、サポートなどの対価としてフランチャイジーが支払う費用のことです。このロイヤリティの支払い方法にはいくつかの形態があります。

(1)粗利益配分方式

粗利益配分方式では、売上から直接コストを差し引いた粗利益の一定割合をロイヤリティとしてフランチャイザーに支払います。この方法では、フランチャイジーの効率的な経営が直接収益に反映されるため、双方にとって公平性が高いとされます。

(2)売上高比例方式

売上高比例方式では、売上の一定割合をロイヤリティとして支払います。この方式は計算がシンプルであり、売上が増えれば増えるほどフランチャイザーとフランチャイジーの収益も増加するため、成長を促進するインセンティブになります。

(3)定額方式

定額方式では、売上高に関係なく一定の金額をロイヤリティとして支払います。この方式はフランチャイジーにとって収益予測が立てやすく、経営計画を立てやすいという利点があります。

(4)営業規模比例方式

営業規模比例方式では、店舗の規模や席数、従業員数などの営業規模に応じてロイヤリティが変動します。大規模な店舗ほど多くのロイヤリティを支払うことになり、フランチャイズシステムの負担を規模に応じて調整できる利点があります。

(5)商品供給代替方式

商品供給代替方式では、フランチャイジーがフランチャイザーから商品や原材料を購入する際に、その価格にロイヤリティを上乗せする形で支払います。この方法はフランチャイジーが直接的なロイヤリティの支払いを意識せずに済むため、運営の負担が軽減されるというメリットがあります。

ロイヤリティの支払い方法はフランチャイズビジネスの成功に大きく関わる要素の一つです。それぞれの方式にはメリットとデメリットが存在するため、フランチャイジーとフランチャイザー双方が納得できる形を見つけることが重要です。

 

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズビジネスモデルは、世界中で多くの成功事例を生み出していますが、その背景には明確なメリットが存在します。しかし、それと同時に留意すべきデメリットも存在するため、ビジネスを始める前にこれらをしっかり理解しておくことが重要です。

フランチャイズのメリット

未経験でも挑戦しやすい

フランチャイズシステムの最大の魅力の一つは、未経験でも安心してビジネスを始められることです。フランチャイザーから提供される徹底したトレーニングプログラムや運営マニュアルにより、事業を成功に導くための知識とスキルを身につけることができます。また、同じブランドを展開する他のフランチャイジーとの情報交換も、貴重な学びの機会となり得ます。

運営に専念できる

フランチャイズビジネスでは、商品開発やブランディングといった時間とコストがかかる業務はフランチャイザーが担当します。これにより、フランチャイジーは店舗運営や地域マーケティング、顧客サービスといった、直接収益につながる業務に集中できるのです。この**「運営に専念できる」環境**は、ビジネスの迅速な成長を促します。

ブランド力を利用できる

確立されたフランチャイズブランドに加盟することで、フランチャイジーはそのブランド力を最大限に活用できます。消費者の間で既に認知されているブランド名を看板に掲げることで、開業初日から顧客を惹きつけることが可能になり、信頼獲得にかかる時間と労力を大幅に削減できます。

大々的な広告を打ってもらえる

フランチャイザーは通常、国や地域を代表する広告キャンペーンを展開し、その効果はフランチャイズネットワーク全体に波及します。個々のフランチャイジーが独自に実施するには莫大な費用がかかるような大規模なプロモーション活動により、ブランドの知名度と顧客基盤の拡大が期待できます。

フランチャイズビジネスには明らかなメリットがある一方で、フランチャイズ契約の条件やビジネスモデルによっては、一部の制約や課題に直面する場合もあります。これらのメリットを活かしつつ、潜在的なデメリットに対処するためには、事業計画を慎重に立て、フランチャイザーとの良好な関係を築くことが不可欠です。

 

フランチャイズのデメリット

フランチャイズシステムが多くのメリットを提供する一方で、いくつかのデメリットも存在します。これらを理解し、対策を講じることで、ビジネスのリスクを最小限に抑えることができます。

マニュアル通りに運営しなくてはならない

フランチャイズビジネスの大きな特徴の一つは、フランチャイザーから提供される運営マニュアルに沿って事業を行う必要があることです。これにより、独自性のあるアイデアや地域特有のニーズに応じた柔軟な運営が難しくなる可能性があります。創造性や独立性を重んじる事業者にとっては、この点が大きな制約となることも少なくありません。

ロイヤリティが必要

フランチャイズ契約には、定期的にロイヤリティを支払う義務が伴います。これは売上の一定割合であったり、固定額であったりと契約によって異なりますが、常に一定の出費が発生するため、利益率に影響を及ぼす要因となります。特に売上が低迷する時期には、経営に大きな圧迫感をもたらすこともあります。

ブランド力が落ちると悪影響を受ける

フランチャイズビジネスはブランド力の活用が大きなメリットですが、逆に言えば、ブランド力が落ちた場合の影響も大きいということです。他のフランチャイジーの不祥事やブランドイメージの低下が、自店舗にも悪影響を及ぼす可能性があります。自分の店舗運営には問題がなくても、ブランド全体の評判によっては顧客数が減少することも考えられます。

状況にあわせて移転や業態変更ができない

フランチャイズ契約では、店舗の立地や業態に関しても厳格な規定が設けられていることが多く、市場の変化や経営状況に応じた柔軟な対応が難しいことがあります。たとえば、より良い立地に移転したい場合や、地域のニーズに合わせて業態を変更したい場合でも、フランチャイザーの承認が必要となり、自由な経営判断が制限されることがあります。

契約終了後、同業種で出店できない場合がある

フランチャイズ契約終了後においても、一定期間、同業種での新規事業を禁じる非競合条項が含まれている場合があります。これはフランチャイザーがブランドの保護を目的として設けるものですが、フランチャイジーにとっては次のビジネスチャンスを制限されることになり、キャリアパスに大きな影響を及ぼす可能性があります。

フランチャイズビジネスにおけるこれらのデメリットを理解し、慎重に契約内容を検討することが、長期にわたる成功への鍵となります。適切な準備と戦略により、これらのリスクを最小限に抑えつつ、フランチャイズビジネスの多くのメリットを享受することが可能です。

まとめ

フランチャイズビジネスは、多くの起業家や事業者にとって魅力的な選択肢となっています。北海道での飲食業界では特に、地元の豊富な食材を活かしたビジネスモデルが成功を収めており、フランチャイズシステムを通じてその成功をより多くの人と共有することが可能です。

北海道で飲食フランチャイズを開業することを考えている方は、今回紹介した情報を参考にして、自分に合ったフランチャイズを選択し、事業計画を練ることが重要です。フランチャイザーとの良好な関係を築き、フランチャイズシステムのメリットを最大限に活かしつつ、潜在的なリスクを管理することで、ビジネスの成功がより確実なものとなるでしょう。

フランチャイズビジネスは、共に成長し、共に成功を分かち合うパートナーシップです。正しい知識と戦略をもって挑めば、北海道の飲食業界におけるフランチャイズビジネスは大きな可能性を秘めています。あなたのビジネスの夢を実現するために、今日から一歩を踏み出しましょう。

SHARE THIS ARTICLE
XFacebookLine

関連記事

Related

沖縄でおすすめできる飲食フランチャイズ6選!FCが儲からないと言われる理由や真相も詳しく解説

沖縄でおすすめできる飲食フランチャイズ6選!FCが儲からない...

広島でおすすめできる飲食フランチャイズ5選!フランチャイズ加盟する上で注意すべき点を併せてご紹介

広島でおすすめできる飲食フランチャイズ5選!フランチャイズ加...

千葉でおすすめの飲食フランチャイズ6選!加盟に向いている人・向いていない人や経営のコツを詳しく解説

千葉でおすすめの飲食フランチャイズ6選!加盟に向いている人・...